ブラック企業

番組制作会社の給料や残業時間の実態は?? 元ADに聞いた業界の裏側・・。

待たせたな、ホワイト戦士 Yuuya だ。( Twitter ホワイト戦士 Yuuya )

今日は、私が普段仕事をしている業界とは全く別の業界の闇を暴くぞ。

 

その業界とはマスコミ業界。

マスコミ業界と言っても幅広くあるが、その中でも「番組制作会社」についてだ。

 

ここには多くのAD(アシスタントディレクター)がいる。

この番組制作会社ADの労働環境が、あまりにブラック過ぎるという噂を聞いたため、私が調査してみたというわけだ。

 

今回、この調査に協力してくれたのは私の知人で元ADKさんだ。

 

Kさんは現在、IT関係の会社に勤める28歳の青年だ。

4年生大学を卒業後、マスコミ業界で働くという夢を叶え、番組制作会社にADとして就職した。

がしかし・・・その労働環境はまさに地獄だった。

それでもKさんはその番組制作会社で頑張って働き続けたが、5年目の冬、ついに限界を迎え今の会社に転職したそうだ。

 

今回は、Kさんから聞いた話の全てを伝えたいと思う。

是非、ついてきてほしい。

若手社員君
若手社員君
うわわわ、なんか闇が深そうっ!!
ホワイト戦士
ホワイト戦士
いいセンスしているな。かなり深いぞ(笑)。

 

そもそも番組制作会社って??

 

まずは、ブラックな闇を生み出し続ける「番組制作会社」について簡単に知っておこう。

Q.  番組制作会社ってどんな会社ですか??

 

Kさん

「名前の通り番組を作る会社です。TVをつけるといろんな番組がやってますよね??ニュース番組やバラエティ番組とか。例えば朝のニュース番組1つ作るのにも、多くの番組制作会社が関わっているんですよ。私はずっと朝のニュース番組のADを担当していましたね」

若手社員君
若手社員君
へ~~そうだったのか! 全然知らなかった!
ホワイト戦士
ホワイト戦士
私も全く知らなかったな

Q.  テレビ局とは違うんですか?

 

Kさん

「テレビ局と番組制作会社は全く別物なんです。テレビ局は番組も作りますが放送業務が主体です。一方で、番組制作会社は番組を作ることだけが仕事です。つまり皆さんが知っている有名なキー局から、番組制作の依頼を受けて仕事をしているんです。簡単に言うとテレビ局の下請け会社ってことですね・・・」

 

「ちなみに、僕が勤めていたような中小規模の番組制作会社とキー局の正社員では比較にならないほどの待遇の差があります・・・」

若手社員君
若手社員君
なるほど・・テレビ局が経費削減をすれば、そのまま番組制作会社の収益も減り、社員にも影響が出るということか・・
ホワイト戦士
ホワイト戦士
よく気づいたな。その通りだ。

Q.  具体的な仕事内容は?

 

Kさん

「仕事内容は本当に幅広いです。僕は朝のニュース番組を担当していたので、ニュースのネタを決めたり、実際に取材したり、ロケ準備をしたり、映像を集めたり、編集したり・・・。マニュアルもないですから、本当に好きな人でないとできない仕事ですね」

 

番組制作会社の給料は

 

次は、実際の給料についてだ。ありのままを語ってくれだぞ。

Q.  実際の給料ってどのくらい?

 

Kさん

「5年目の時点で、基本給が16万8000円と残業代などを含めて総支給が約25万くらいでしたね。そこから社会保険料など引かれて、手取りは約21万くらいです」

※あくまでKさんが勤めていた会社の場合(会社により待遇は変わります)

 

Q.  賞与(ボーナス)はどのくらい?

 

Kさん

「僕の場合は、社会保険には加入していましたが、契約社員という扱いでボーナスはほんの少し。夏と冬、それぞれ1万ずつです。。笑」

若手社員君
若手社員君
ええ~~っ!! 1万・・・
ホワイト戦士
ホワイト戦士
驚きの金額だな。。

Q.  各種手当は?

 

Kさん

「交通費は全額支給されていましたが、宅手当はなし。その他も特になかったですね。。もちろん、他の一般企業に勤めたことがなかったので、普通どんな手当があるのかなども知らなかったですからね 笑」

 

過酷な残業時間

 

次は残業に関してだ。想像を超えた実態が浮かび上がったぞ。

Q.  1日の残業時間はどのくらい?

 

Kさん

「まず変なルールとして、先輩が残っている時は、先輩が帰って良いって指示があるまで帰れないっていうルールがありました 笑。そもそも定時っていう概念がないので、上司から解散の指示が出るまでは、仮に自分のやることがなくても帰れませんでしたね 笑。一応、時間にすると月平均200時間ぐらいは残業していました・・・」

若手社員君
若手社員君
リアルに死んじゃうよ~~
ホワイト戦士
ホワイト戦士
これは・・・(笑)Kさんも良く耐えたな・・

Q.残業代はどのくらい出る?

 

Kさん

残業一括手当という謎の手当があり、毎月7万円ほど支給されます。実際は200時間残業していますが、それが上限となっていました。いくら残業してもこの額は変わりませんでしたね 笑」

若手社員君
若手社員君
嫌な予感はしてたけど・・・
ホワイト戦士
ホワイト戦士
その予感が的中したな。。

Q.忙しい時のスケジュールは?

 

Kさん

「暇な時ってほとんどないんですが・・。前日に終電(夜24:00近く)まで働く→自宅について2時間ぐらい寝て、また始発で出勤・・・そしてそのまま徹夜へ。これが週に1回はありました 笑」

 

「地方で大きな事件や災害があれば、とりあえず現地に向かわせられ、1週間帰れないとかもありますよ。行く前はどのくらい帰れないか分からないんで、服とか泊りに必要な物は現地調達ですね・・」

若手社員君
若手社員君
嘘でしょ・・(笑)終電で帰って始発で出勤って・・
ホワイト戦士
ホワイト戦士
過酷さが凄い。。

Kさんからのメッセージ

 

最後にKさんからメッセージを頂いたので、記載しておく。

Kさんより

「僕のようにマスコミ業界や番組制作に憧れている学生さんは多いと思います。ただ、ここまで話してきた通り、中小規模の番組制作会社ではこのような劣悪な環境であることが多い。できる限り良い環境で仕事をするには、、①大規模な番組制作会社に就職する ②テレビ局社員として就職する(かなり倍率は高いですが・・)の2つが良いと思います。そうすれば、好きな仕事も続けていける可能性が高いです。」

以上だ。

もし、こういった業界を目指しているのであれば、是非参考にしてほしい。

若手社員君
若手社員君
この業界を目指している人には、できるだけ良い環境の会社を選んでほしいね!!
ホワイト戦士
ホワイト戦士
ああ、それを願うばかりだ。

最後に

 

いかがだっただろうか。

この業界の闇はかなり深そうだ。

番組制作だから仕方ない・・・

テレビ局の下請けだから仕方ない・・・

好きな仕事をしたいんだったら我慢するしかない・・・

 

果たして本当にそうなのだろうか。。

せっかく夢に見た業界に就職したものの、あまりの過酷な労働環境が原因で辞めてしまう若者たち。。

この負の連鎖が断ち切れる日は来るのだろうか??

いつかこの深い闇に光が当てられ、環境が改善される日が来ることを願うばかりだ。

おっと。

マスコミ業界と同様のレベルでブラックさがひどいのが飲食店。

飲食店のブラックな闇も暴いたぞ。以下の記事も見ておいてくれよな!!

あわせて読みたい
飲食店の正社員はきつい
飲食店の正社員はきつい!! 超ブラックな現場とその実態とは??待たせたな、ホワイト戦士 Yuuya だ。( Twitter ホワイト戦士 Yuuya ) 今日、私が暴く闇は、「飲食店」...

>>>飲食店の正社員はきつい!!超ブラックな現場とその実態とは??

 

今日はここまでだ。

では、また会おう!!

ホワイト戦士の公式LINE@

”Winning Theory”

~ブラック企業や人間関係に負けない勝利の法則~

ブラック企業での戦い方、職場の人間関係を良好にするためのノウハウ、、

さらにはブラック企業から脱出し、ホワイト企業に転職するための思考やノウハウ。

今、君のLINEで私のLINE@をお友達追加してくれたら、無料プレゼント(レポート)を送るぜ!!

友だち追加

無料レポートの内容は・・・

  • ブラック企業に潜む「敵図鑑」
  • 職場の人間関係をコントロールする力
  • 周囲から一目置かれれる仕事のパフォーマンス向上
  • ブラック企業を制し、ホワイト企業へ転職するための知識

 

以下の会社員生活を送っている人向けに内容をまとめてあるぞ!!

  • 「ブラック企業で働く毎日が辛すぎる」
  • 「職場の人間関係が劣悪過ぎて耐えられない」
  • 「転職したいけど、ホワイト企業ってどうやって探せばいいの?」
  • 「今の生活に明るい未来が全く見えない・・」

 

ブラック企業からいち早く脱出し、ホワイト企業へ転職してストレスフリーな生活を送る・・・

そのために必要な武器(思考やノウハウ)を授けていくのが、ホワイト戦士 公式LINE!!

配信を聞いて、日々実践しけば・・

今まで気づかなかったことを知り、様々なスキルを身につけ、職場での自分の視界が変わるだろう。

少しずつ「自信」が生まれていく・・・そんな体験をするはずだ。

君は1人じゃない。一緒に敵をやっつけよう!!