人間関係

職場の「嫌いな人」との接し方!! 5つのコツを覚えればストレス激減!!

待たせたな、ホワイト戦士 Yuuya だ。( Twitter ホワイト戦士 Yuuya )

今回のテーマは、職場」にいる「嫌いな人」との接し方」だ。

君も必ず1人はいるだろ??

職場の中で最も嫌いな人間が。

 

  • 顔も見たくない。
  • 消えてほしい。
  • あいつがいるせいで仕事が憂鬱。
  • できることなら一生関わりたくない・・

 

こんなストレスを抱えていることだろう。(笑)

プライベートと違って職場は人間関係を選べない。

だから、嫌いな人がいるのは当然と言えば当然。

であれば、その嫌いな人との「接し方」を覚えておくことは必須の人間関係スキルだ。

実際、嫌いな人との接し方には「コツ」がある。

決して難しいことはない。

一度身に着けてしまえば、今後一生使っていける。

そこで今回は、職場に嫌いな人がいて接し方に困っているという君のために、嫌いな人と接する時のコツを伝授していこう!

私についてきてくれ!!

若手社員君
若手社員君
いいね~、最近いいテーマ持ってくるやん
ホワイト戦士
ホワイト戦士
どうした?(笑)  今日はノリが軽いな (笑)

そもそも職場で「嫌いな人」ができてしまう理由は??

まず君にひとつ聞いておきたいのだが、そもそも職場で「嫌いな人」ができてしまう理由を考えたことがあるだろうか??

 

「理由なんてねーよ!! 全部が嫌いなんだよっ!!」(怒)

って言葉も聞こえてきそうだが、そう怒らないでくれ(笑)。

理由なく職場の人を嫌いになることはまずないはずなんだ。

以下に、想定される理由4つをまとめてみたので見てみてほしい。

理由を知ることで、適切な対処法のヒントともなる。

 

理由① 「仕事に対する考え方」が合わない

 

1つ目は、自分と相手との「仕事に対する考え方」が合わないという理由だ。

病院でも、お互いに「患者さんのため」という目的が共通であるにも関わらず、その「方法」に対する考え方が合わず、仲が悪くなるという職員同士も多い。

また、君の会社でも会議なんかで、誰かと誰かの「考え方」が合わずに、険悪な雰囲気になることなんて日常茶飯事だろ??

その時だけ言い合う程度ならまだいいのだが・・根底の価値観から大きくズレている場合は、何をやっても反りが合わず、お互いに「嫌いな人」というカテゴリーに入ってしまう。。

病院だけでなくどのような職場でも、多くの人間が集まれば、それだけ「考え方」も違って当たり前だ。

そのため、自分の考え方と真逆の人間にだって出くわすことは多い。

 

理由② 「性格」が悪い

 

2つ目は相手の「性格」。

これはもう説明の必要もなさそうだが、とにかく相手の「性格」が嫌いというパターン。

ネチネチ嫌味を言う奴、いつも意地悪な奴など・・・性格がひねくれまくっている奴だな。

職場のお局なんかはこれに当たるな。

病院のような過酷な現場では、様々な修羅場をくぐりぬけるうちに、性格がブラックになっていくという人間も多く見受けられる。

また、陰で悪口を言いふらす奴もいるな。

とにかく誰かの悪口を言っていないと気がすまない奴・・。もう救いようなない性格の悪さ。

残念だが、こういった相手の場合、相手が「変わる」ことを期待するのはまず難しいと思っていい。

 

理由③ ハラスメント系

 

3つ目はハラスメント系だ。

パワハラやセクハラなどをしてくる相手。つまり、自分にとってとなる存在。

これはもう秒速で「嫌いな人」になるだろう。(笑)

もはや、好き・嫌いということより、誰かに対してハラスメント行為をしている時点で処分されるべきだしな。(笑)

パワハラ上司なんかは代表的な例と言えるだろう。

限界を超えるような仕事を押し付けてきたり、理不尽な指示をだされたり、無駄に怒鳴られたり・・

こういったパワハラ上司を嫌いになるなという方が難しい。。

 

理由④ 相手が自分のことを嫌っている

 

最後はこれ。

「相手が自分のことを嫌っている」というパターン。

相手からは理不尽な文句を言われたり、自分の悪口を言いふらされたり、無視されたり・・・

先に相手から受けた何かしらの攻撃によって、相手を嫌いになるというやつだ。

まあ、これも当然だよな。

相手が自分のことを嫌っているのに、私は「めっちゃ好き!!」ってなるわけがない。(笑)

もちろん、相手に嫌われてしまう理由やきっかけは様々あるだろうが、一度対立して溝が深くなってしまうと修復もかなり難しくなってくる。

若手社員君
若手社員君
あるある~。だいたいこういう理由だよね~!!
ホワイト戦士
ホワイト戦士
職場というのは本当に戦場だよな(笑)

職場の「嫌いな人」との接し方 −5つのコツ −

 

コツ① 仲良くなろうとしない

 

1つ目のコツは「仲良くなろうとしない」ということだ。

「関係を良好」にしておくことは大事なのだが、積極的に「仲良くなろう」としなくていい。

自分が「嫌いな人」と、どうにかして仲良くならないと・・と思うから辛くなる。

嫌いな人と接する時は「フラット」が一番良い。

「こうしたら好かれるかな」とか「こうしたら距離が縮まるかな」とか、そんなの考えなくていいんだ。

「別に好かれなくていい」

接する時は、このくらいの気持ちでいい。

そもそも、自分が心から「嫌い」と思っている人と「仲良くなる」ことなんてできないし、メリットもないだろう。(笑)

だが、次に詳しく説明するが、余計に嫌われるようなことは絶対にしてはならない。

 

コツ② 敵対しない

 

2つ目は「敵対しない」ということ。

これは絶対に覚えておいてほしい。

自分が相手のことを「心から嫌い」でいることは別に問題ないのだが、職場でムダに「敵対」してバチバチしてはならない。

冷静に考えれば分かることなのだが、「1ミリ」もメリットがないんだ。

私自身も20代半ばぐらいの時は、ムカつくお局とバチバチやりあったこともあるが、戦闘力は上がるものの、相当ストレスが溜まる。

そして私の経験上、「自分は相手のことを嫌いなまま」でいいのだが、表面上は「敵対」しない関係性を維持していくのがベストだ。

もちろん、1つ目にコツで伝えたようにベタベタ仲良くする必要なんてない。あくまで摩擦ない比較的良好な状態に維持する。

もちろん、自分の嫌いな相手であれば、何かにつけてネチネチ文句を言ってくることもあるだろう。

そんな時は・・

「確かに! そうですね~~」

このワードを1回言うといい。(思っていなくてもな 笑)

このワードを1回言ってから、伝えたいことを伝えるんだ。

驚くほど相手の反応が変わってくるぞ。

 

コツ③ 受け流す

 

3つ目は「受け流す」技術。

自分の嫌いな人間が、何かしら自分に攻撃してきた時、もしくは何かしら自分が迷惑を被るような態度や行動をしている時・・・

全て「受け流す」。

右から左へさらーっと。(笑)

「はい、どうぞどうぞ、どうでもいいですよー」

的な感覚だ。(笑)

注意すべきは「無視」はしないということ。

しっかりと相手からの言葉には応答しつつ、気持ち的には全く受け止めない感覚だな。

2つ目のコツで伝えたような「確かに! そうですね~」と言いながら受け流してもいいし、、

「なるほど、そういう見方もありますね~」なんて言いながら、心の中では「うるせえ、ババア」と思っていても全然いい。(笑)

この受け流す技術が上手になってくると、面白いほどにストレスが軽減する。

毎回まともに受け止めてイライラして対立していたら本当に体が先に悲鳴をあげてしまう。

 

コツ④ 「可哀相なヤツ」マインド

 

4つ目は「可哀相なヤツ」マインド。

これは私がブラック病院で生き抜いた上で相当役に立ったマインドだ。

心の底から嫌いな相手に対しては・・「可哀相なヤツ」という目でみる。(笑)

そうすると、どんなに嫌な態度や理不尽な態度を取られても・・

「ああ、コイツまたやってるよ。可哀相なヤツだな。いつもイライラして周囲に嫌われて・・。これからの人生もうまくいかないだろうな。。」

心の中ではこんな感じ。(笑)

もはやストレスなんて生まれない。

むしろ、可哀相なヤツという目で見ているため、哀れみのような感情が生まれてる。(笑)

是非、試してほしい。

驚くほど自分の感情が変わるはずだ。

 

コツ⑤ 表面的には肯定的に

 

最後の5つ目は「表面的には肯定的に」接するということ。

これまで伝えてきたコツの中ですでに気づいた者もいるかも知れないが、嫌いな相手に対しては「表面的には」肯定しておいた方がいい。

別に心の中から相手の人間性や態度を認める必要なんてない。認められるわけないしな。(笑)

表面的に否定しない、一旦は肯定しておく。

これがコツだ。

そうすると、自分が嫌いな相手と泥沼の最悪な関係性に陥るリスクを最小にすることができる。

たいてい、君が心の底から嫌いな人間、つまり周囲から嫌われている人間というのは、「否定される」ことを一番嫌がる。

君が嫌いになるようなタイプの人間達というのは、「自分を認めてほしい」という欲求が強い人間が多いんだ。

この事を必ず忘れないでおいてほしい。

 

以上が5つのコツだ。決して難しいことではない。

毎日少しずつテストしてみてほしい。必ず反応が変わってくるはずだ。

若手社員君
若手社員君
うおっ。。これは僕にもできそう!! 今まで間違った接し方をしていたかも知れない。。
ホワイト戦士
ホワイト戦士
ま、まさか君の戦闘能力で相手と敵対していたってことはないよな・・??(笑)

実は嫌いな人でも「表面的に」仲良くなれる!!

コツ②でも伝えたように・・

嫌いな人であっても、職場では絶対に「敵対」してはいけない。

何一つメリットがないからだ。

せめて、「普通」の関係性が築けていれば良い。

だが、その上の世界がある。

それは、嫌いな人と「表面的に」仲良くなることだ。

こうすることで、君の職場での人間関係は極限までストレスフリーだ。

 

では、心から嫌いな相手とどうすれば表面的に仲良くなれるのか??

そのためのポイントは以下の3つ。

 

①褒めてあげる(表面的に)

 

褒められて嫌な気分になる人はいない。

表面的にでいいから、軽く褒めてあげよう。

たった一言、たまーに褒めてあげるだけで、相手との関係をコントロールできてしまうなら、、

やっておいて損はないぜ。

君が「大人」になるんだ。

 

②「凄い」と認めてあげる(表面的に)

 

①とも関連するが、、

あなたは「凄い人ですね」と、表面的に認めてあげてくれ。

君の嫌いな人はおそらく「承認欲求」が強い。

周りに「凄い」と認めてほしくて仕方ないんだ。

そこを利用しよう。

あなたは凄いですね。

それを相手に伝わるようにうまく会話をしてみてくれ。

こんなシンプルなことで関係は意外にも簡単に良好にできる。

 

相手に好意をもっている姿勢を示す(表面的に)

 

最後のポイントは・・

「相手に好意を持っている雰囲気を出す」

ということ。

頑張って演技をしてくれ。

慣れれば楽しくなるから、少しずつやってみてほしい。

表面的には「あなたのこと、好きですよ~」的な雰囲気。

君がストレスフリーになるためだ。

楽しんでやってみてほしい。

若手社員君
若手社員君
こ、こ、これは・・・。今まで考えたこともなかったけど・・。やってみようかな。
ホワイト戦士
ホワイト戦士
焦らなくていい。少しずつ楽しみながらやってみてくれ。

最後に

 

いかがだっただろうか??

今回、私が伝授したことは、明日から役に立ちそうか??

人間関係というのは確かに難しいのだが、ちょっとしたコツで変わることも多い。

そして、そのコツというのは今回伝えたように高度な技術ではなく、、

意外にシンプルだったりする。

考え方や視点を変え、少しずつテストしてみよう。

君が少しでも、嫌いな人との接し方が上手くなり、ストレスを軽減できることを私は願っている。

それでもどうしても死ぬほど苦手な人がいて、こっちが鬱になってしまう・・・

っていうレベルで困っている者は・・・

転職というのも1つの手段だろう。

転職サイトに登録して他の企業の情報を見てみるのもアリだ。

その場合は必ず↓の記事を見ておいてくれ!!

あわせて読みたい
転職サイトの登録と注意点
《要注意!!》 転職サイトに登録する前に知っておくべき注意点を公開!!待たせたな、ホワイト戦士 Yuuya だ。( Twitter ホワイト戦士 Yuuya ) 今回のテーマは「転職サイトへの登録」だ...

>>>《要注意!!》 転職サイトに登録する前に知っておくべき注意点を公開!!

 

今日はここまでだ。

また会おう!!

ホワイト戦士の公式LINE@

”Winning Theory”

~ブラック企業や人間関係に負けない勝利の法則~

ブラック企業での戦い方、職場の人間関係を良好にするためのノウハウ、、

さらにはブラック企業から脱出し、ホワイト企業に転職するための思考やノウハウ。

今、君のLINEで私のLINE@をお友達追加してくれたら、無料プレゼント(レポート)を送るぜ!!

友だち追加

無料レポートの内容は・・・

  • ブラック企業に潜む「敵図鑑」
  • 職場の人間関係をコントロールする力
  • 周囲から一目置かれれる仕事のパフォーマンス向上
  • ブラック企業を制し、ホワイト企業へ転職するための知識

 

以下の会社員生活を送っている人向けに内容をまとめてあるぞ!!

  • 「ブラック企業で働く毎日が辛すぎる」
  • 「職場の人間関係が劣悪過ぎて耐えられない」
  • 「転職したいけど、ホワイト企業ってどうやって探せばいいの?」
  • 「今の生活に明るい未来が全く見えない・・」

 

ブラック企業からいち早く脱出し、ホワイト企業へ転職してストレスフリーな生活を送る・・・

そのために必要な武器(思考やノウハウ)を授けていくのが、ホワイト戦士 公式LINE!!

配信を聞いて、日々実践しけば・・

今まで気づかなかったことを知り、様々なスキルを身につけ、職場での自分の視界が変わるだろう。

少しずつ「自信」が生まれていく・・・そんな体験をするはずだ。

君は1人じゃない。一緒に敵をやっつけよう!!