LINE@悩み相談

「私のキャリア、このままでいいのかな??」これからの進むべき道。

待たせたな、ホワイト戦士 Yuuya だ!( Twitter ホワイト戦士 Yuuya )

先日、LINE@に登録してくれている方と通話相談を行ったため、その内容を公開しようと思う!!

※まだ、LINE@に登録していない!という人は、今すぐ↓のバナーをクリックして、友達追加をしておいてくれ!!

友だち追加

今回の相談者さんが抱えている悩みは、これからの「キャリア」

これからの自分自身の仕事、そして進むべき方向性だ。

特に30歳前後になると、これからの仕事やキャリアについて立ち止まって考える人も多いだろう。

私自身もそうだったからな。

もし、これを読んでいるあなた自身も何か悩んでいることがあるとしたら、何かヒントになる部分があるかも知れない。

是非、最後までついてきてほしい!!

若手社員君
若手社員君
これは誰しも悩むやつだ・・。
ホワイト戦士
ホワイト戦士
悩み考え抜くことが大切だ。一緒に考えていこう。

相談者 Sさんの状況

  • 相談者:Sさん(女性)
  • 年齢:20代後半
  • 職業:市役所職員
  • 仕事内容:社会福祉関係

※個人が特定されないよう、大まかに記載している。

 

実はSさんは元々、看護師。

手に職を付けておいた方がいいという親の勧めもあり、資格取得後は総合病院に就職。

しかし、職場の指導体制がしっかり整備されておらず、迷いや不安の中、命を預かる仕事を続けていくことが難しくなり転職を決意。

次の職場も病院であったが、この職場もまた教育体制が不安定であり、半年が経過したところで衝動的に退職してしまった。

その後、現在の職場で看護師の資格を活かしながら、嘱託で社会福祉関連の仕事をしている。

 

現在の職場は、人間関係も良好・休日も十分・業務量も適正であり、かなり恵まれた環境。

だが、Sさんを悩ませることが1つ。

職場の先輩達は看護師としての経験値がSさんよりも多く、その先輩達と比較すると知識やスキルの差を感じてしまうこと。

また、病院に勤める友人たちは着実に看護師としてキャリアを積んでいっており、そこでも自分との差を感じてしまう。。

もう一度、病院に戻って看護師としてのキャリアを積んだ方がいいのか・・・

ただし、以前の病院での仕事を思い出すと尻込みしてしまう・・・。

こういった悩みだ。

若手社員君
若手社員君
なんとなく気持ちが分かるなあ、、
ホワイト戦士
ホワイト戦士
そうだな。ではこの問題をどう考えるか、次に進もう!

Sさんがのこれからを考える上で大切にすべきこととは??

では、今回のSさんの悩みを考えていく上でポイントとなる部分を伝えていこう。

ポイント① 看護師という職業への思い

 

確かに、現場に戻れば看護師としての「知識」や「スキル」は身につく。

だが、今の労働環境がかなり恵まれているため、病院という環境に戻る場合、間違いなく「過酷」になるのは明らかだ。

そこで、重要になってくるのは「看護師という職業への思い」。

過酷な労働環境になっても、仕事を続けていけるかどうかは、その職業をなぜ仕事にしているか?

という思いが大切になってくる。

Sさんは先にもお伝えした通り、どちらかというと親の勧めであったり、なんとなく医療関係の仕事に・・といったきっかけであった。

もちろん、Sさんは今でも医療という業界に関心があるだろうし、看護師という仕事の魅力も分かっていると思う。

だが、そこまで強い思い入れはないかな・・といった雰囲気であった。

この点を考えると、看護師という過酷な現場に戻ることは、かなり慎重に考えるべきだろう。

 

ポイント② 本当に自分には何もないのか??・・・

 

Sさんは、職場の先輩たちや現役で病院の看護師を続けている友人たちと比べて、自分には何もないんだ・・と感じているとおっしゃっていた。

だが、本当にそうだろうか。

看護師としての経験値は確かに少ないかも知れない。

だが、今、社会福祉という違ったフィールドで経験を積んでいるし、短い期間であっても総合病院や産婦人科での経験がある。

そして、もう一つ大事なことは、、

看護師としての経験値だけでキャリアを測るのはもったいないということ。

おそらくもっと深く掘り下げれば、Sさんだけの強みや素質というものがきっとあるはず。

私はそう感じてならない。

 

ポイント③ 精神的余裕をどう考えるか??

 

看護師としてガンガンキャリアを積んでいく生き方。

私は現場でそういった看護師を何人も見ている。

それが良い悪いではない。

人それぞれの「生き方」だ。

一方で、精神的余裕や時間的余裕を大切にする人だっている。

それもまた良い悪いではない。

ただし!!

病院という過酷な現場で、精神的に追い詰められ、自分自身の生活がボロボロになってしまっては元も子もない。

Sさん自身が「精神的余裕」というものをどう考えるかが大切だ。

若手社員君
若手社員君
なるほど、、どれも考えさせられる部分だね。
ホワイト戦士
ホワイト戦士
その通りだな。

まだ未知の世界に自分の働き方や生き方があるかも??

私はSさんにこれから考えてほしいことがある。

それは、「自分で決断し、自分の意思で人生の道を選択する」ということだ。

もちろん、これまでSさんは、資格取得のために多くの努力をし、過酷な現場で耐え抜いた経験もある。

最終的にはSさん自身で決断したことも数多くあったと思う。

ただ、そこに至るまでの人生の岐路において、ご両親のアドバイスも大きく影響していたはず。

そう。

これからの生きる道は100%Sさん自身で決断し、選択することで、道は開けると思う。

そして、今見えている世界だけで考える必要はない。

公務員として正社員採用という道もあるだろう。

だが、今の時代、働き方は多様。

Sさんの強みを生かした働き方だってきっとあるはず。

ひとまず、今の仕事を続け続けながら、自分が「ワクワク」するような、そして関わる人も価値観も広がるような道を考えてみてもいいかも知れない。

少し抽象的になってしまったが、もの凄く大事なことだ。

ありきたりだが、人生は一回きりなのだから。

若手社員君
若手社員君
いつもホワイト戦士が言っているやつだね。
ホワイト戦士
ホワイト戦士
ああ、とても大切なことだ。

最後に – Sさんへのメッセージ –

 

今回は、色々とSさんの話を伺い、できる限りのアドバイスをさせて頂いたつもりだ。

今後のSさんの人生がさらに良くなるために、今回の私とのやりとりが少しでも役立つならば、嬉しく思う。

そして、Sさんが最高の決断と選択ができることを祈っている!!

 

ちなみに私も30歳になる直前、今後の生き方や働き方を必死に考え、悩み抜いた。

そして、私が現時点でたどり着いた答えがある。

私が一番ワクワクする瞬間は、、

「相手の唯一無二の人生を深く理解し、知ることができたとき」

そして、私が一番楽しい、そして嬉しいと思えるのは・・

「自分との関わりによって、相手の生活が少しでも良くなり、相手自身が変化したとき」

だ。

そして自分自身の強みは、、

「相手を理解し、自分の持っているものを伝え、相手を変化さえること」。

なぜなら自分自身が・・・

「自分を変えることができた」体験を持っているからだ。

 

今日はここまでだ。

では、また会おう!!

ホワイト戦士の公式LINE@

”Winning Theory”

~ブラック企業や人間関係に負けない勝利の法則~

ブラック企業での戦い方、職場の人間関係を良好にするためのノウハウ、、

さらにはブラック企業から脱出し、ホワイト企業に転職するための思考やノウハウ。

今、君のLINEで私のLINE@をお友達追加してくれたら、無料プレゼント(レポート)を送るぜ!!

友だち追加

無料レポートの内容は・・・

  • ブラック企業に潜む「敵図鑑」
  • 職場の人間関係をコントロールする力
  • 周囲から一目置かれれる仕事のパフォーマンス向上
  • ブラック企業を制し、ホワイト企業へ転職するための知識

 

以下の会社員生活を送っている人向けに内容をまとめてあるぞ!!

  • 「ブラック企業で働く毎日が辛すぎる」
  • 「職場の人間関係が劣悪過ぎて耐えられない」
  • 「転職したいけど、ホワイト企業ってどうやって探せばいいの?」
  • 「今の生活に明るい未来が全く見えない・・」

 

ブラック企業からいち早く脱出し、ホワイト企業へ転職してストレスフリーな生活を送る・・・

そのために必要な武器(思考やノウハウ)を授けていくのが、ホワイト戦士 公式LINE!!

配信を聞いて、日々実践しけば・・

今まで気づかなかったことを知り、様々なスキルを身につけ、職場での自分の視界が変わるだろう。

少しずつ「自信」が生まれていく・・・そんな体験をするはずだ。

君は1人じゃない。一緒に敵をやっつけよう!!