就職・転職

「自分に向いている仕事が分からない」を解決するシンプルな考え方!!

待たせたな、ホワイト戦士 Yuuya だ。( Twitter ホワイト戦士 Yuuya )

 

「自分に向いている仕事って・・・一体何??」

・・・何度か転職を繰り返しているけど、結局、自分に向いている仕事が分からない・・・。

君は今、この光の見えない暗闇の中で苦しんでいるんだよな??

考えても考えても答えが分からないってのは辛いよな。

私もかつて、、

自分の選択した仕事が果たして向いているのか・・

もしかして「向いていないんじゃないか・・」と悩みまくった過去がある。

だが、ある「考え方」を取り入れてから、気持ちがスッと楽になった。

救われた。

そして、その考え方はとてもシンプルだった。

君にも是非、この考え方を取り入れてほしい。

そうすれば、心のモヤモヤが一気になくなり、これまでの「仕事」に対する考え方も変わるだろう。

自分に向いている仕事は何なのか??

という超難題に悩み続ける必要もなくなる。

そして、これからの君のキャリア形成をしっかりと考えていくことができるだろう。

是非、最後までついてきてくれ!!

若手社員君
若手社員君
これ、めっちゃ悩む。。助けて。。
ホワイト戦士
ホワイト戦士
安心してくれ。答えはシンプルだ。

「自分に向ている仕事」を見つけることはできない!!

これまで「自分に向ている仕事は何なのか・・・」

と自問自答していた君にとって、少し残酷な真実かも知れないが・・・

結論から言うと、、

「自分に向いている仕事」を見つけることは困難だということ。

「おい、おい、ふざけんなよ!!(怒)」

と思っただろうか??

まあ、慌てないでくれ。

理由は単純だ。

冷静に考えてみてほしい。

君が今就いている仕事が自分に向いているかどうかを判断するには、、

比較対象が必要だと思わないか??

他の仕事と比べてみて、初めて「自分に向いているかどうか」が分かるはずだよな。

 

しかし、世の中には数えきれないほどの仕事がある。

もし、本当に自分に向いているかどうかを判断しようとするなら、、

それらの仕事を一通り経験し、その中で一番向いている仕事を見つけなければならない。

極端に聞こえるかもしれないが、本質を突き詰めればこういうこと。

 

でも、当然ながら全ての仕事を経験するなんて無理。

仮に2つ3つの仕事を経験したところで、それらの仕事の中で「自分に向ているもの」を考えることもナンセンス。

どれも向いていないと感じる場合だってあるだろ??

 

つまり・・・

あらゆる仕事を全て経験することは難しいため、、

「自分に向いている仕事を探そうとする」こと自体が、本質からズレている

ということだ。

少し、屁理屈にも思えるかも知れないが、紛れもない真実。

だが、この考え方を取り入れると、悩みまくることから解放される。

向き不向きという永遠の課題を考えなくていいからだ。

では、何を基準に「仕事」を選べばいいのか。

次に進もう!!

若手社員君
若手社員君
そ、そ、そういうことか。。
ホワイト戦士
ホワイト戦士
ああ、シンプルだが大切な考え方だ。

大事なのは「関心がある分野」かどうか

では、どういう考え方で「仕事」や「業界」を選べばいいのか。

私が10年の社会人生活から導きだした答えは・・・

「自分の関心がある分野かどうか」

ということ。

向いている向いていないとかではなく、、

「関心が湧くかどうか」だ。

なぜ、この「関心」が大事かというと・・・

「関心」がある限り「勉強」しようとするからだ。

その業界、その分野、その仕事に関心があれば・・・

  • もっと知識を吸収したい
  • もっとうまくなりたい
  • もっと経験したい

こう思えるし、そのために勉強していくことができる。

つまり、「継続する」ことができるんだ。

継続することで、どんどんその仕事の深い部分が見えてきて、その中で「やりがい」が見つかる。

一度、じっくり考えてみてほしい。

君が一番「関心のある分野」は何か・・・ということを。

君にも必ずあるはずなんだ。

無条件に自分の関心が湧く分野が。

若手社員君
若手社員君
そうは言っても、パッと出てこないな。。
ホワイト戦士
ホワイト戦士
そんなこともあろうかと。次のワークに進もう。

これまでの人生で最高に「喜び」を感じた出来事は??

「関心のある分野って言われても、そんなのパッとでてこねーよ」

という場合。

「これまでの人生で最高に喜びを感じた場面」を思い出してほしい。

そして、それをノートに書きだしてみよう。

できれば20個くらい。

とにかく強烈に記憶に残っている場面や出来事だ。

何歳の頃でもいい。

  • 学校の勉強
  • 部活
  • アルバイト
  • 社会人になってからの仕事
  • 恋愛

あらゆる場面を思い返してみよう。

真っ先に浮かんできたやつから書いていこう。

  • めちゃくちゃ褒められたこと
  • 自分が誰かに何かをしてあげて、めちゃくちゃ喜ばれたこと
  • 仕事で何かを成し遂げた経験
  • クライエントやお客様からもの凄く感謝されたこと

君にとって強く記憶に残っている場面が必ずあるはずだ。

堅く考えずに20個書きだしてくれ。

意外に時間がかかるから、じっくり時間を取ってやってみるといい。

そして、書き出した20個の内容を客観的に捉えてみよう。

  • なぜ、そこに喜びを感じたのか??
  • 何か、共通するものはないか??
  • 今している仕事に繋がっている部分はないか??
  • これからの仕事選びに繋がりそうなことはないか??

その20個の中には、君の「関心」に繋がる大事な部分が隠されているはずなんだ。

 

私の例で見てみよう。

私はこのワークをやった時に、あるエピソードが浮かんだ。

それは、、

高校時代の部活動での出来事。

私は幼い頃から野球をやっていて、高校でも野球部に所属していた。

だが、2年生まではなかなかレギュラーが奪えず、パッとしない状況が続く・・。

そんなある日、新しいコーチが赴任。

このコーチが私を変えてくれた。

そのコーチは今までに知らなかった技術を教えてくれた。

全てを吸収しようと思った私は、教わった事を必死に繰り返し、努力した結果、、

最後の3年の夏にレギュラーを獲得。

最後の大会が終わった後、コーチは私にこう言った。

「お前がこのチームで一番変わった。間違いなくお前が一番成長した。」

 

この言葉は今でも忘れない。

本当に嬉しかった。

今思うと、この時は私はある確信を得ていた。

それは、、

「人は変われる」ということだ。

 

実はこの「エピソード」と今私が続けている「仕事」との繋がりに気づいたのは数年前。

 

私が今の職業(相談援助の仕事)を続けている理由は、、

「人が変わる瞬間を見れることが嬉しいから」だ。

そう、

高校時代のエピソードと繋がっている。

この高校時代の経験があったから、、

私は「人の成長」や「人の変化」に関われる仕事に「関心がある」。

そこに関われることに喜びを感じる。

だから続けることができる。

ホワイト戦士としての活動もそうだ。

昔の私のように悩む人を変化させたい。

そう思うからなんだ。

若手社員君
若手社員君
少し大変そうだけど、やってみる!!
ホワイト戦士
ホワイト戦士
ああ、必ずやってみてくれ!!

すぐに「この仕事は自分に向いていない」と判断するのは危険

ここで一つ、注意点を伝えておきたい。

その仕事に就いて数ヵ月くらいで、、

「この仕事は俺に向いていない」

という理由で辞めてしまうのは”危険”だ。

超絶ブラックな職場環境であったり、パワハラなどがある場合は即辞めてもOKなのだが、、

数ヵ月で「自分に向いていない」と判断して辞めるのは危険。

 

仮に君が今、Aという仕事に就いていて、「この仕事は自分に向いていないんじゃないか」と思っているとしよう。

仮にこの先2回転職したとして、BCという仕事をしたとする。

その結果、、

A,B,Cの中では最終的にAがやりやすかったとしたら・・・

その3つの中では、Aが一番君に向いていたことになる。

 

最初に伝えた通り、、

そもそも「向いている向いていない」の判断は正確にはできない。

だからこそ、その仕事に「慣れる」まで様子をみた方が良い。

慣れるまでは違和感だらけで不快感があるため、、

それを「向いていない」と思いこんでしまう者も多く見受けられる。

ここに注意してほしい。

自分に向いていない・・とすぐに辞めてしまうのではなく、、

職場環境がある程度良い場合は、少し長めに様子をみた方がいい。

若手社員君
若手社員君
これは注意しないと!!!
ホワイト戦士
ホワイト戦士
焦らずじっくり慣れるまで待ってみる方が無難だ!!

最後に

 

いかがだっただろうか??

今までずっと悩んでいた君にとって、少しでも役に立つ気づきがあっただろうか??

考え方が変われば、自分の行動も大きく変わる。

今回伝授した考え方を元に、君のこれからの仕事をじっくり考えてみてほしい。

これまでとは違う考え方ができるはずだ。

自分の「関心」のある分野で、継続して学ぶことを続け、自分なりのやりがいを見つける。

これが本当の自分に合った仕事の見つけ方だ。

今の仕事に「関心」があるのなら、もう少し続けてみてもいい。

すでに転職を考えている、、という者は、以下の記事を教科書代わりに使ってくれ!!

あわせて読みたい
3ヵ月でホワイト企業に転職した男
たった3ヵ月でホワイト企業に転職成功した元ADさんの裏話!!待たせたな、ホワイト戦士 Yuuya だ。( Twitter ホワイト戦士 Yuuya ) 今回は、”たった3ヵ月”という短さで、...

>>>《脱ブラック企業》転職活動の進め方『完全ガイト』!!

これからの君の活躍を私は応援している。

では、また会おう!!

ホワイト戦士の公式LINE@

”Winning Theory”

~ブラック企業や人間関係に負けない勝利の法則~

ブラック企業での戦い方、職場の人間関係を良好にするためのノウハウ、、

さらにはブラック企業から脱出し、ホワイト企業に転職するための思考やノウハウ。

今、君のLINEで私のLINE@をお友達追加してくれたら、無料プレゼント(レポート)を送るぜ!!

友だち追加

無料レポートの内容は・・・

  • ブラック企業に潜む「敵図鑑」
  • 職場の人間関係をコントロールする力
  • 周囲から一目置かれれる仕事のパフォーマンス向上
  • ブラック企業を制し、ホワイト企業へ転職するための知識

 

以下の会社員生活を送っている人向けに内容をまとめてあるぞ!!

  • 「ブラック企業で働く毎日が辛すぎる」
  • 「職場の人間関係が劣悪過ぎて耐えられない」
  • 「転職したいけど、ホワイト企業ってどうやって探せばいいの?」
  • 「今の生活に明るい未来が全く見えない・・」

 

ブラック企業からいち早く脱出し、ホワイト企業へ転職してストレスフリーな生活を送る・・・

そのために必要な武器(思考やノウハウ)を授けていくのが、ホワイト戦士 公式LINE!!

配信を聞いて、日々実践しけば・・

今まで気づかなかったことを知り、様々なスキルを身につけ、職場での自分の視界が変わるだろう。

少しずつ「自信」が生まれていく・・・そんな体験をするはずだ。

君は1人じゃない。一緒に敵をやっつけよう!!