ブラック企業

飲食店の正社員はきつい!! 超ブラックな現場とその実態とは??

待たせたな、ホワイト戦士 Yuuya だ。( Twitter ホワイト戦士 Yuuya )

 

今日、私が暴く闇は、「飲食店」だ。

 

もう12年ぐらい前になるな。

私が学生時代、約2年間、飲食店(某居酒屋チェーン店)でバイトをしていた。

その時見た飲食店の正社員という仕事は異常な世界だった。。

私と同じように飲食店でバイト経験のある者なら、分かる者もいるかも知れないが、とにかく飲食店の正社員の労働環境は「きつい」。

正直、想像を絶するきつさだ。

 

そこで今回は、私が実際にバイト先でみた飲食店の正社員という超ブラックな現場をリアルに伝え、深い闇を暴いていく!!

それでは、ついてきてくれ!!

若手社員君
若手社員君
ついにきた、ヤバそうなやつっ!!
ホワイト戦士
ホワイト戦士
相変わらず勘がいいな。この世界はヤバいぞ。(笑)

 

飲食店の正社員の過酷な現状とは??

 

まずは、飲食店の正社員という仕事がなぜそこまできついのか?

バイト先で知ったその実態を伝えていくぞ。

 

実態① とにかく勤務時間が長い

 

これは居酒屋に限らず、多くの飲食店に共通することだろう。

とにかく勤務時間が長い。

朝まで営業している居酒屋なら、夕方の17時位から翌朝の5時ぐらいまでやっているよな。

その営業時間はもちろん休むわけにはいかず、さらにお店が開店する前からの準備、そして閉店した後に、レジ締めや後片付け、調理場の清掃なども行う。

そのため、お店が営業している時間だけが勤務時間ではない。

公務員やOLさんのように、9時~17時の勤務などあり得ない世界だ。

 

実態② 正社員が少ない

 

次の理由はこれだ。

飲食店の業界は、とにかくその1店舗にいる正社員が少ない。

これは全ての悪循環を生み出すんだ。

正社員が1人というような場合、他は全てアルバイトやパートとなる。

そうなると責任者はその正社員だけとなるため、何かあればすべてその正社員の責任。

そして、アルバイトやパートは自由に辞めたい時に辞めることができる。

学生であれば、バックレだって頻繁にあるだろう。

そのような人員が足りなくなった場合なんかも、正社員は休むわけにもいかず、普段以上に働かなければならない・・・。

その店で正社員である自分以外に頼れる人がいないんだ。

 

実態③ 休みが少ない

 

これは理由②と関係しているな。

そもそも飲食店の場合、365日営業というお店も多いし、休みがあったとしても公務員のように土日休みなんてあり得ない。

そして、お店が営業している以上、そこには最低でも1人以上正社員が必要だ。

責任が取れる正社員がお店にいなければ営業できないからな。

それなのに正社員が少ないため、結果的にその店の正社員は休めない。

肉体労働で休みなく働き続ける。

もちろん時間も不規則。

飲食店の業界では、40代以上になるると肉体が限界を迎え、仕事を辞めていく正社員が多いようだ。

 

実態④ 組織の幹部がブラック

 

これは、私のバイト先でのことだが、組織の幹部社員たちがとりあえずブラック。(笑)

たまに幹部社員が店舗に来たりしていたから、何度も幹部社員と会っていたが、言葉遣いや態度がとにかく荒い。

そして、売上げが低い店は、どんな手段を使ってでも売り上げをUPさせるという感じだ。

また、定期的に行われている幹部飲みというものがあり、売り上げが低いお店で、営業時間終了後に飲み会が開かれることもあった・・・。

その飲み代はそのまま、そのお店の売り上げにするらしい。。(笑)

その飲み方もかなり派手で、完全にその集団はそっち系の方達にしか見えなかったな。(笑)

皆、こんな風貌↓ ※イメージ

若手社員君
若手社員君
た、た・・竹内先輩っ!!(笑)
ホワイト戦士
ホワイト戦士
当時学生だった私にも、この人達はとにかくヤバいっていうのだけは分かっていた(笑)

飲食店の裏側と超ブラックな現場

 

よし、次は実際に私がバイト先で見た超ブラックな現場を伝えていくぞ。

私がバイトをしていた居酒屋チェーン店には正社員が1名いた。

彼はその店の「店長」。当時、30代後半だったかと思う。

 

そういえば、星野源に似ていたな。。

※イメージ。

以下、星野店長としよう。

 

とても人柄がよく、私のことも可愛がってくれた。

仕事ができ、頭もキレるタイプの方だった。

そんな星野店長がどれほどブラックできつい環境で働いていたか、先ほどの項目別に合わせて全て暴露しよう。

 

ブラックな現場① 16時間労働×6連勤

 

まず、お店の営業時間は、17時~翌朝の5時まで。

朝までやっているタイプの居酒屋だ。

そして、星野店長が出勤してくるのは、いつも14時頃。

そのくらいに来ないと、調理場の仕込みが終わらない。

そして、翌朝5時にお店が閉店してから、遅番おアルバイトと一緒に店内の掃除やレジ締め。

お店を退勤するのはどんなに早くても6時を過ぎていた。

つまり、労働時間は約16時間。(休憩はその時の忙しさによるが、取れても1時間程度)

この労働時間でありながら、シフトは6連勤などがザラにあった。

約16時間×6連勤。。

 

ブラックな現場② 2年間、社員1人

 

僕が星野店長と一緒に働いていた期間は約2年間。

その2年間、星野店長以外に正社員が店舗に配置されることはなかった。

時々、年末年始で忙しい時期に他店舗の正社員がヘルプで来るくらいで、それ以外はずっと星野店長のみだ。

他は全てアルバイト。

客からのクレーム、店内の機材のトラブル、客同士の喧嘩の仲裁・・・

あらゆるトラブルは星野店長が対応。。

もちろん、6年くらいアルバイトをやっている店長代理みたいな人がいたんだが、やはり正社員ではないため、できる範囲は限られていた。

アルバイトは自由にシフトを組めるし、いつでも辞められる。

星野店長だけが、何か闇の世界にいるような(笑)、そんな風にしか見えなかった。

(もちろん、正社員だから責任が違うのは当然なのだが)

 

ブラックな現場③ 月の休みが2日だけ

 

星野店長が1日丸々休めるのは、月に2日程度だった。

それ以外はほぼお店にいる。

お客さんが少ない平日などは、店長代理に任せて、たまに早く帰ってたりしていたが、忙しい土日や年末年始などの繁忙期はほぼフル出勤。

星野店長ってどんな体力してんだよ・・・と思いながら見ていた。

でもそういえば、よく調理場で立ちながら寝ていたな。(笑)

約16時間労働をしながら、丸1日休みが月に2日程度。

 

飲食店だから仕方ない?

居酒屋だから仕方ない?

店長だから仕方ない?

果たしてそうなのだろうか。。

 

ブラックな現場④ 幹部社員からの圧力

 

先ほどお伝えした通り、幹部の人間たちはまさにブラック集団。

ある日突然、幹部社員の1人が抜き打ちで店舗に来店。

その時、アルバイトの数名がバンダナを着用していなかった。

↓頭に着けているやつだ。

※マニュアルで着用が義務付けられていたが、めんどくさがって着用していないアルバイトが数名いた。

それを見た幹部社員が・・・

 

「おい・・、星野コラァっっーーーーー!!!(超怒)」

(幸い、営業開始したばかりでお客さんはほとんどいなかった)

と怒鳴りつけ、星野店長を個室へ。

そこから約15分ほど、怒鳴り声が聞こえていた。。

バンダナでそこまで・・・と思いながら見ていたが、他にも似たようなことは何度もあったぞ。。

その他にも、先ほど伝えた幹部飲みに強制参加させられたり、系列店が人が足りなければ、強制的にヘルプへ。

まるで幹部社員達は、各店舗の正社員たちをゴミのように扱っていた。。

 

以上が、私が実際にみた現場の実態だ。

居酒屋チェーン店なども含めて、飲食店の正社員という環境はブラックになりやすい要素が多い。

そして、それは私のバイト先でも例外ではなかった。

若手社員君
若手社員君
誰か星野店長を助けてあげて~~なんで辞めないんだよ。。
ホワイト戦士
ホワイト戦士
やはり「人」が好きだったんだろうな。ただ、他にも働く場所の選択肢はあると思うがな・・・

飲食店の正社員は高確率でブラック!!

結論から言うと、飲食店の正社員という職種は高確率でブラックだということ。

 

もちろん、飲食店と言っても幅広い。

ここでいう飲食店というのは、いわゆる全国チェーンの居酒屋やファミレスなど。

※例えば寿司職人や高級料亭の料理人の世界などはまた別な話。

 

どうしてもそのサービス内容や業務内容的にブラックになるのを避けられない。。

といったところ。

学生時代に飲食店でバイトをして、、

そのまま就職活動が面倒でそのお店に正社員として就職・・・

なんてことをしてしまうと後悔することもあるから気を付けてほしい。

先ほどの実例でも伝えたが、飲食店のアルバイトと正社員は天と地ほどの差があるからな。

若手社員君
若手社員君
危険な実態が分かって良かった・・・。
ホワイト戦士
ホワイト戦士
様々な業界の実態を知っておくことも大切だな。

最後に

 

いかがだっただろうか??

今回は、私がバイト先でみた闇の世界を暴いてやった。

(もちろん、飲食店全てがこういった状況ではないからな。)

飲食業という仕事、そして接客業という仕事はとても魅力ある仕事だ。

だからこそ、その環境はブラックであってはならない。

仕方ないでは済まされない。

こういった企業が少しでも減り、星野店長のような人が健康的に働ける環境を作っていくべきだと思う。

おっとそうだ。

実は飲食店と同等のレベルでブラックさが凄いのがマスコミ業界。

マスコミ業過への就職や転職を考えている者は要注意!!

以下の記事を必ず読んでいてくれ。

あわせて読みたい
番組制作会社はブラック
番組制作会社の給料や残業時間の実態は?? 元ADに聞いた業界の裏側・・。待たせたな、ホワイト戦士 Yuuya だ。( Twitter ホワイト戦士 Yuuya ) 今日は、私が普段仕事をしている業界とは...

>>>番組制作会社の給料や残業時間の実態は??元ADに聞いた業界の裏側・・。

 

今日はここまでだ。

では、また会おう!!

ホワイト戦士の公式LINE@

”Winning Theory”

~ブラック企業や人間関係に負けない勝利の法則~

ブラック企業での戦い方、職場の人間関係を良好にするためのノウハウ、、

さらにはブラック企業から脱出し、ホワイト企業に転職するための思考やノウハウ。

今、君のLINEで私のLINE@をお友達追加してくれたら、無料プレゼント(レポート)を送るぜ!!

友だち追加

無料レポートの内容は・・・

  • ブラック企業に潜む「敵図鑑」
  • 職場の人間関係をコントロールする力
  • 周囲から一目置かれれる仕事のパフォーマンス向上
  • ブラック企業を制し、ホワイト企業へ転職するための知識

 

以下の会社員生活を送っている人向けに内容をまとめてあるぞ!!

  • 「ブラック企業で働く毎日が辛すぎる」
  • 「職場の人間関係が劣悪過ぎて耐えられない」
  • 「転職したいけど、ホワイト企業ってどうやって探せばいいの?」
  • 「今の生活に明るい未来が全く見えない・・」

 

ブラック企業からいち早く脱出し、ホワイト企業へ転職してストレスフリーな生活を送る・・・

そのために必要な武器(思考やノウハウ)を授けていくのが、ホワイト戦士 公式LINE!!

配信を聞いて、日々実践しけば・・

今まで気づかなかったことを知り、様々なスキルを身につけ、職場での自分の視界が変わるだろう。

少しずつ「自信」が生まれていく・・・そんな体験をするはずだ。

君は1人じゃない。一緒に敵をやっつけよう!!