就職・転職

転職を上司に報告する時ってどうしたらいい??タイミングや伝え方のポイント!!

待たせたな、ホワイト戦士 Yuuya だ。( Twitter ホワイト戦士 Yuuya )

ブラックな現場で働ている場合、その現状から抜け出すために以下の2つの選択肢を考えるだろう。

 

転職or  独立

 

ただし、独立というとなかなか勇気がいるだろうし、すぐにできるとは限らない。

そういった理由で「転職」を選ぶ者が圧倒的に多いのが現状だ。

私のフィールドである医療や福祉の現場では、資格を持っていることから、転職がしやすい傾向にある。

とは言っても転職に「悩み」はつきものだな。

私も一度転職し、病院を変えているが、困ったことが色々あったぞ。

その一つが、「どのタイミングで、どのように上司に報告するか?」だ。

なかなか難しい問題だ。

 

そこで今回は、私が実際に転職することを上司に報告した時の全貌を公開しながら、報告のタイミングや報告の仕方について伝授していこう!!

是非、読んでいってくれ。

若手社員君
若手社員君
早く教えてっ!!
ホワイト戦士
ホワイト戦士
焦るな(笑)

ポイント① 報告のタイミング

 

多くの転職希望者が悩むポイント、それが「いつ報告するか?」だな。

職場の規則やその他それぞれの職場の事情、そして本人の事情により、タイミングとしては以下が考えられる。

 

①転職活動を開始する時

②転職活動中

②転職先が決まった時

 

私の場合は、①』のタイミングで上司へ報告した

これから転職活動を開始することを決意した時に、上司に意を決して報告したってことだ。

①のタイミングを選んだ理由は以下だ。

 

  • 中途採用試験を受ける場合、平日に休みを取る必要があるため(普段、有給を全く取らないため、完全に怪しまれると思った)
  • 他部署の転職した先輩が、転職活動を開始する時に上司へ報告していたため
  • 転職する場合、原則的には退職してから活動することが規定されているが、「事情があれば仕事を継続しながらの転職活動が認められる」と先輩から聞いていたため

 

ここで、私のように【①】を選んだ場合、職場で気まずくなるのではないか?と不安に思う者もいるだろう。

そこで私の場合は、「上司にのみ」報告した。

先輩や後輩にはすぐには話さなかったのだ。

上司にも「他のスタッフにはまだ言わないで欲しい」と伝えた。

そのおかげで、気まずさは一切なかったな。

このタイミングについては、職場の就業規則とも関わってくるため、どれが一番良いとは言えないだろう。

私の知り合いでは、転職の内定が決まってから、全てを上司に報告したという者もいるぞ。

若手社員君
若手社員君
なるほど~!!
ホワイト戦士
ホワイト戦士
タイミングは大事だぞ

ポイント② 報告の仕方

 

本題はここだな。

「どう報告するか」も難しい問題だよな。

もちろん、これにも正解はないが、私の経験談を特別に紹介しよう。

《本音》

 

まず、私が転職活動を決意した時の本音はこんな感じだ。

 

  • ここで得られる経験は十分に積んだ。ここで学ぶことはもうこれ以上ない。さっさとこの場から去るぞ。
  • 給与や賞与の低さに耐えられん
  • 休みの少なさに体がもたん
  • デビルババアが多過ぎる

 

これらを直接上司に伝えるわけにはいかないな。(笑)

これらを直接上司に言えるやつがいたら、そいつは間違いなく「勇者」だ。(笑)

 

《実際》

 

実際には、以下の要点を繰り返し伝えた。

 

ここで学んだことを活かして、違う分野でも経験を積んでみたい

以前から大学時代の先生より、違う分野での勉強を勧められている

 

どちらも全くの嘘ではなかったのだが、今すぐ転職しなくてはいけないほどの事情ではなかった。

本音は先ほど伝えた通りだ。そちらの気持ちの方が断然強かった。

だが、私の場合は上記2点に絞り、それ以外は一切話さなかった。

ブレずに、ただひたすらに上記2点で押しまくったんだ。(笑)

その理由としては、仮に給与面などの待遇面に関する不満で相談した場合、、

「他に行ってもそんなに変わらないから」

「ここでもう少し勤務すれば、徐々に上がっていくから」

「上層部に交渉してみるから、もう少し待っていろ」

などと返ってきそうな感じがしたんだ。

そう言われてしまうと、上司に対する返しが難しいよな。

それと比較して、先の2点の場合、私自身の「強い意思」であることを強調しやすく、上司も反論しづらいと私は考えた。

別に特別な理由は必要ない。とにかく相手が反論しづらい、認めざるを得ない理由を強く意思があると見せかけて伝えようと考えたんだ。(笑)

 

転職を報告した時の上司の反応は??

 

始め言っておくぞ。すべてノンフィクションだ。

初めて私が転職活動を開始したいという意向を上司に伝えて、実際の了承を得るまで要した期間は約1ヵ月。

計4回の面談を要した。(週に1回ペースで面談)

若手社員君
若手社員君
緊張するよ~!!
ホワイト戦士
ホワイト戦士
なぜ君が緊張しているんだ(笑)

上司の反応 1回目

 

上司「笑。何言ってんの~」

私「いや、実はずっと考えていまして・・・」

上司「せっかくうちの病院で頑張ってきたんだから~」

私「他の場所でもやってみたいと・・」

上司「まだ5年くらいでしょ~??私なんかこの法人で30年やってんだからさ~。まあまあまあ(笑)」

チーーン。

私は戦意喪失した。

全く相手にされなかった。

「はいはいはい。分かったから。(笑)」

初めての経験であり、どこまで強く言っていいのかも分からず、こんな感じで流されてしまい、この時はそれ以上は続けられなかったな。

※ちなみに当時の上司は、能力はあるが、比較的いつも軽いノリだ。根っからのお調子者と言った感じだな。

 

上司の反応 2回目

 

こんなことで諦めるわけにはいかない。

私の決意は固かったからな。

そして、戦いは2回目。

私「先日の件ですが、やはり違う病院に移ることを検討したいと思います!」

上司「まだ言ってんの~~?(笑)」

私「ですから、今までずっと考えていたので」

上司「何、具体的にどの辺とか考えてんの~??」

私「○○と○○あたりを検討してます」

上司「○○ね~。まだ早いんじゃないの~??ここでもうちょっと続けたらいいじゃない」

以降、同じようなやり取りを繰り返す。。

ぐうう・・・。

一向に土俵に乗ってこねえ。。

腹が立ったが、時間をかけるしかないと私は判断した。

「うるせえ、はやく認めろよ!!」

と部下が上司にキレるわけにはいかないからな。(笑)

 

上司の反応 3回目

 

絶対に諦めん。

私は3回目の戦いに挑んだ。

私「私自身も再度深く考えまして、やはり気持ちは変わりません」

上司「うーん。何が不満なの?」

私「いえ、不満があってということではなく、先日からお伝えしている通り、他でやってみたい、特に○○の分野でやってみたいという思いが強くあるんです!」

上司「それはこの前も聞いたけどさ~」

私「具体的に転職活動を開始しても宜しいでしょうか?」

上司「うーん。ここの方がいいと思うよ~??ま、ひとまず分かったから。次、もう一度話をしよう」

ようやく前進だ。軽いノリでかわされ、対応に苦慮していたが、ようやく道が開けた。

次が勝負だと私は感じていた。

 

上司の反応 4回目

 

ついに最終決戦だ。

ここで決める。そう思って私は戦いに挑んだ。

私「具体的に大学時代の先生とも相談し、○○と○○で募集がでているようなので、採用試験を受けたいと考えています!(とりあえず言ってみた)」

上司「なに、募集してるの?? 試験はいつ??」

私「秋ごろです」

上司「ほんとにいいの~??」

私「はい・・・」

上司「あのさ、○○さん(法人のトップ)からはね、○○君(私)を優先に育てるようにって言われてんだよ。それだけもっと期待されてるんだよ?」

私「それはありがたいです。ただ気持ちは変わりません」

上司「ここでこのまま勤めればさ、早めに出世できるようにするからさっ!!」

私「・・・。明日、履歴書の作成等にとりかかります。よろしくお願いします。」

上司「・・・そうか。じゃ、やってみるのね。受かんなかったら、残ってもらうからね」

私「わかりました」

以上だ。

まさかのセリフがでてきたな。

「このまま勤めれば早めに出世できるようにするから」

びっくりするだろ??(笑)

まさか、これが上司にとっての最後のカードだったとは。。

逆にこの言葉で120%決意できたぞ。そして、絶対に採用試験に合格してやると心に決めることができた。

少し強引だったがな。(笑)

若手社員君
若手社員君
衝撃的なセリフ・・・
ホワイト戦士
ホワイト戦士
まさに耳を疑ったな(笑)

最後に

 

いかがだっただろうか。

想像していたのと少し違ったか??

報告するタイミングも含めて、私の体験が少しでも君たちの役に立てたらそれで良い。

ちなみに、採用試験に合格し、それを上司に報告した時の反応はこうだ。

「え~、合格しちゃったの~~??(笑)

今も元気にやっているのだろうか。。(笑)

 

ちなみに私は今回伝えたように在職中に転職活動を行った。

だが、在職中の転職活動に不安を抱く者が多いだろう。

それについは以下にまとめてあるから必ずみてくれ!!

あわせて読みたい
在職中に転職をするメリット
在職中の転職は難しい?? 私の体験談と在職中に転職活動をするメリットを紹介!!待たせたな、ホワイト戦士 Yuuya だ。( Twitter ホワイト戦士 Yuuya ) 今回のテーマは、「在職中の転職活動」に...

>>>在職中の転職は難しい??私の体験談と在職中に転職活動をするメリットを紹介!!

 

今日はここまでだ。また会おう!!

ホワイト戦士の公式LINE@

”Winning Theory”

~ブラック企業や人間関係に負けない勝利の法則~

ブラック企業での戦い方、職場の人間関係を良好にするためのノウハウ、、

さらにはブラック企業から脱出し、ホワイト企業に転職するための思考やノウハウ。

今、君のLINEで私のLINE@をお友達追加してくれたら、無料プレゼント(レポート)を送るぜ!!

友だち追加

無料レポートの内容は・・・

  • ブラック企業に潜む「敵図鑑」
  • 職場の人間関係をコントロールする力
  • 周囲から一目置かれれる仕事のパフォーマンス向上
  • ブラック企業を制し、ホワイト企業へ転職するための知識

 

以下の会社員生活を送っている人向けに内容をまとめてあるぞ!!

  • 「ブラック企業で働く毎日が辛すぎる」
  • 「職場の人間関係が劣悪過ぎて耐えられない」
  • 「転職したいけど、ホワイト企業ってどうやって探せばいいの?」
  • 「今の生活に明るい未来が全く見えない・・」

 

ブラック企業からいち早く脱出し、ホワイト企業へ転職してストレスフリーな生活を送る・・・

そのために必要な武器(思考やノウハウ)を授けていくのが、ホワイト戦士 公式LINE!!

配信を聞いて、日々実践しけば・・

今まで気づかなかったことを知り、様々なスキルを身につけ、職場での自分の視界が変わるだろう。

少しずつ「自信」が生まれていく・・・そんな体験をするはずだ。

君は1人じゃない。一緒に敵をやっつけよう!!