就職・転職

転職する時に「やりがい」よりも「お金」を優先してもいい理由!!

待たせたな、ホワイト戦士 Yuuya だ。( Twitter ホワイト戦士 Yuuya )

今回のテーマは、転職をする時に一度は考えるやつだ。

「仕事のやりがい」「お金(年収)」・・・

どっちを優先すべきか?? というテーマ。

もちろん、両方満たしていることが理想であるのは誰しも分かっている。

そんな綺麗ごとを並べるつもりはないから安心してくれ。笑

そもそも、転職を考えつつ「お金」と「やりがい」で悩んでいる者というのは、以下のようなケースが大多数だろう。

  • 今の仕事にはある程度やりがいを感じている。でも、年収が低い
  • ✅転職するとすれば、仕事内容を変えなくてはいけない可能性がある
  • ✅仕事内容が変わる=今の仕事のやりがいを失うことになる
  • 「やりがい」よりも「お金」を優先してもいいのだろうか??

 

で、先に結論から言ってしまうと「お金(年収)」を優先しても全然いい、ということ。

今回はその理由を、私や友人の実体験を元に話していこう。

きっと役に立つだろうから最後までついてきてくれ!!

若手社員君
若手社員君
これは悩む。まさに俺。これ俺!!
ホワイト戦士
ホワイト戦士
そうか。笑 では私について来い!!

「やりがい」よりも「お金」を優先してもいい理由

早速だが、冒頭で伝えたようなケースにおいて「やりがい」より「お金」を優先してもいい理由を挙げていこう。

 

理由① あまりに給料が安いと「やりがい」を感じられなくなるから

 

これは私も実感したとことであり、皆も同じであると思う。

あまりに給料が安いと、仕事の「やりがい」を感じられなくなるということ。

なぜなら・・

「どうしてこんなに働いているのにこれしか貰えないの??」

という思考に頭が支配されてしまうから。

そうなると、できる限り仕事量をセーブしようとしたりする。

当然、仕事のクオリティも下がるし、モチベも急降下。

そんな状況の中、自分の仕事に「やりがい」を感じろと言う方が難しい。

フリーランスではなく、どこかの組織に属して仕事(労働)しているのならば、「労働に相応しい対価」を貰おうとするのが自然。

それが矛盾してしまうと、例え自分が好きな仕事でやりがりを感じる仕事であっても・・・

それ以前の問題ということだ。

 

理由② 「お金」があって初めて人の役に立とうと思えるから

 

私自身が医療系の職業であるから余計に実感しているのだが・・・

人は自分自身に「余裕」があって初めて、本気で人の役に立とうと思えるからだ。

つまり、十分な「収入」がなければ自分自身の生活自体に余裕がなくなる。

そんな中、仕事において「本気で相手の役に立つ」というモチベを維持するのは相当難しい。

綺麗ごとではなかなか実践できない。

誤解を恐れずにはっきり言うが、残念ながら事実。

「仕事」というのは、どんな形であれ、何かしら誰かの役に立つ仕事だよな??

だから、まずは自分自身に最低限の「余裕」がないとならない。

若手社員君
若手社員君
「お金」より「やりがい」って言った方が気持ちはいいけど、現実を見ないとね。。
ホワイト戦士
ホワイト戦士
そういうことだな。

転職するなら「お金(年収)」は上げるべき

君が今転職を考えている理由の1つに、「年収が低い」・・・ということがあるなら、、

転職後は確実に「年収が上がる」ような転職をすべきだ。

わずかでもいい。

大幅なUPでなくても、確実に上がっていること。(一時的に下がっても、その後上がるならOK)

これがないと、後で自分自身が「転職は成功した」とは思いにくい。

欲を言えば、「上司のパワハラ」「職場内のイジメ」などの人間関係を理由に転職する・・という場合でも、、

必ず「年収」についても意識を向けてほしい。

人間関係の問題が解消されるのが一番の目的ではあるが、年収がめちゃくちゃ激低!!となると、、

さっき言ったような仕事の「やりがい」を見い出せない、感じられない状況に陥るからな。

私の実体験 -もう続けられない-

ここで私の実体験も簡単に伝えておこう。

私が前職場のブラック病院への就職を決めたのは、、

「とにかく組織の規模が大きく、幅広い経験を積める」と思ったから。

実際に業界の中では相当レベルが高く、歴史もある病院だった。

だが、給料が鬼安かった。。

もちろん、入職前に「給料は安いよ。」とは周囲の評判から聞いていた。

だが、その「安さ」の基準が分からなかった。

なぜなら社会人になったことがないから。(当たり前だがここが落とし穴)

要するに求人票の初任給をみたって、どの程度安いのかが実感がわかない。

さらにその病院は入職してから数年間は一切給与が上がらないシステム。

その割に労働環境は最悪で、体重が10キロ減になるほどのストレスや残業量。

こんな状況の中、就職して3,4年経過したころ、私は「もう限界」と感じた。

なぜなら、こんなに苦しい思いをしながら働きまくっているのにも関わらず、生活がギリギリで余計にストレスがかかり・・・

ついに患者さんのことを十分に考える余裕がなくなってしまった。

患者さんのため・・・という思いだけでは気持ちが続かなくなり、折れてしまったんだ。

 

そこで私は転職先の病院に関しては、徹底的に給与面を重視した。

そして転職後1年目の年収は、前職の+150万円。

目的は達成されたと同時に、ホワイト病院への転職を成功させた。

次に、私の友人のケースも紹介しよう。

知人の実体験 -憧れの業界だったけど-

私の知人であるKさん。

彼は今、IT関連の会社に勤務しているが、大学卒業後はマスコミ業界に就職した。

職業はAD。

高校時代からマスコミ業界で働きたいという夢を持っていた彼は、見事夢を実現させた。

だが、その華やかな現場の裏側にあったのは、まさに闇の世界。

  • 求人票にあった週休2日なんて完全に嘘。
  • 休みは週に1日あればいいほう。
  • 徹夜なんて当たり前。
  • 1週間自宅に帰れない・・・ということもザラ。
  • 残業代は固定残業代がついているが、金額は約7万円。
  • 実際の残業時間は約200時間。

こんな状況で限界を越えながらも頑張り続けたKさんだったが、5年目に私と同じように心が折れ、憧れの業界を去った。

今でもマスコミ業界の仕事は「好き」だと彼は言う。

だが、「二度と戻ることはない」とも彼は言った。。

※彼のことは以下の記事で詳しく紹介しているぜ。

あわせて読みたい
番組制作会社はブラック
番組制作会社の給料や残業時間の実態は?? 元ADに聞いた業界の裏側・・。待たせたな、ホワイト戦士 Yuuya だ。( Twitter ホワイト戦士 Yuuya ) 今日は、私が普段仕事をしている業界とは...

>>>番組制作会社の給料や残業時間の実態は?? 元ADに聞いた業界の裏側・・。

若手社員君
若手社員君
エピソードがリアル過ぎる。。
ホワイト戦士
ホワイト戦士
そりゃ、リアル話だからな。笑

最後に

 

いかがだっただろうか??

今回は、転職を考えた時に一度は考える「やりがい」と「お金」について話をさせてもらった。

自分の状況を客観的に冷静に捉えて、決断をしていこう。

落ち着いて決断すれば、君の未来は必ず良い方向に向かう。

また、具体的な転職活動はまだこれから!という者のために以下に大手転職サイトをまとめておいた。

登録を考えているなら参考にしてみてくれ。

あわせて読みたい
転職サイト徹底比較ここでは、大手転職サイト&転職エージェント一覧を掲載している!! 私のブログの読者さんの中には、これから転職サイトや転職エージェン...

>>>おすすめ大手転職サイト一覧

 

今日はここまでだ。

また会おう!!

ホワイト戦士の公式LINE@

”Winning Theory”

~ブラック企業や人間関係に負けない勝利の法則~

ブラック企業での戦い方、職場の人間関係を良好にするためのノウハウ、、

さらにはブラック企業から脱出し、ホワイト企業に転職するための思考やノウハウ。

今、君のLINEで私のLINE@をお友達追加してくれたら、無料プレゼント(レポート)を送るぜ!!

友だち追加

無料レポートの内容は・・・

  • ブラック企業に潜む「敵図鑑」
  • 職場の人間関係をコントロールする力
  • 周囲から一目置かれれる仕事のパフォーマンス向上
  • ブラック企業を制し、ホワイト企業へ転職するための知識

 

以下の会社員生活を送っている人向けに内容をまとめてあるぞ!!

  • 「ブラック企業で働く毎日が辛すぎる」
  • 「職場の人間関係が劣悪過ぎて耐えられない」
  • 「転職したいけど、ホワイト企業ってどうやって探せばいいの?」
  • 「今の生活に明るい未来が全く見えない・・」

 

ブラック企業からいち早く脱出し、ホワイト企業へ転職してストレスフリーな生活を送る・・・

そのために必要な武器(思考やノウハウ)を授けていくのが、ホワイト戦士 公式LINE!!

配信を聞いて、日々実践しけば・・

今まで気づかなかったことを知り、様々なスキルを身につけ、職場での自分の視界が変わるだろう。

少しずつ「自信」が生まれていく・・・そんな体験をするはずだ。

君は1人じゃない。一緒に敵をやっつけよう!!