ブラック企業

有給休暇が取れない会社は違法?? ブラック企業でも有給休暇を取るための4ステップ!!

待たせたな、ホワイト戦士 Yuuya だ。( Twitter ホワイト戦士 Yuuya )

今日のテーマは会社員の誰もが欲しがる「有給休暇」だ。

 

ブラックな職場=有給が取れない

こんなイメージだよな??

君たちの職場ではどうだ?

有給はある程度自由に取得できるか??

 

「取れるわけねーだろうーが!! 当たり前のこと聞いてんじゃねえぞ!!」

「そもそも有給休暇が取れない会社は違法じゃないの??」

 

うむ。そんな言葉が聴こえてくるな。(笑)

 

そこで今日は、

 

  • 有給休暇が取れない会社は違法なのか??
  • ブラックな職場で有給休暇が取れない理由
  • ブラックな職場でも有給休暇を取るために4ステップ

 

これらについて話をしていく! 私に付いてきてくれ!

若手社員君
若手社員君
有給欲しいよ~頂戴よ~
ホワイト戦士
ホワイト戦士
ではついて来い!!

有給休暇が取れない会社は違法??

 

まずは、この「有給休暇」という会社員の武器について簡単に確認をしておこう。

有給休暇は会社員の権利

 

正式名称は「年次有給休暇」だ。

文字の通り、給与が支払われる休暇だな。

ここで早速、大事なことを言っておくぞ!!

 

有給休暇は会社員にとって、労働基準法(第39条)で認められた「権利」なんだ。

 

いつでも使える強力な武器ってことだ。

会社側は、条件を満たす労働者に対して「有給休暇」を与えなければならないと労働基準法で定められている。

年間に取得できる最大日数は、勤続年数や雇用形態によっても変わってくるが、勤続6年6ヵ月目以降は、毎年20日間とされているぞ。

 

つまり、有給休暇が取れない会社は違法!!

ということだ。

もし、君たちの会社が何らかの理由で有給休暇が思うように取れない、もしくは取らせてくれないとしたら、その会社は『法律違反』をしているということになる!!

 

若手社員君
若手社員君
そっか、僕たちの権利なんだね
ホワイト戦士
ホワイト戦士
そうだ、「権利」だ

有給休暇はどんな時に取っていいの??

 

ついでに有給休暇を取る時の理由についても話しておこう。

どういう理由なら有給を取っていいか?ってことだな。

冠婚葬祭なんかは大丈夫だろう。

では、「ただ休みたいから」ってのはどうだ??(笑)

これはダメだと思うか??

 

 

答えはOKだ。

 

有給休暇の取得理由は、原則問われないことになっている。

だから、どんな理由であれ、有給休暇は取りたければ取得できるってことだ。

若手社員君
若手社員君
そうだったんだ~
ホワイト戦士
ホワイト戦士
必ず、覚えておくんだぞ

有給休暇が取れない理由

 

よし、次に進むぞ。

「権利」であり、「理由も問われない」という最高の武器である有給休暇がなぜ取りづらいのか??

そのブラックな理由をみていくぞ。

 

理由① 会社側の「拒否」

 

私が以前勤務していたブラック病院では、明らかな病院側の「拒否」というのは見られなかったが、ブラック企業の中には以下のような会社側の「拒否」が見られるケースがあるぞ。

 

  • 「有給休暇を取得すれば昇進にひびく」などと発言する
  • 有給休暇を取得した労働者に対してパラハラやいじめを行う行為
  • 有給休暇の取得に対して、独自のルールを決め、承認等が必要であるものとし、簡単には承諾しない。

 

これはまさに法律違反であり、ブラックの極み。

君たちの職場は大丈夫か??

理由② 職場の『雰囲気』

ここからは、労働者側が自発的に取得を諦めてしまう理由だ。

その1つが、有給休暇を取りづらい職場の「雰囲気」だ。

理由もなく有給を取ったとしたら、怖いデビルババア達から・・・

 

「なんで理由もなく有給とってんの?」

 

こんな風に思われそうな職場の雰囲気が存在する。

 

私が以前勤務したブラック病院では、どの職員も有給休暇を取得するのは年に1日~2日程度。

その1日~2日は法事などどうしても休まなくてはいけない理由の時に取得した。

それ以外ではめったいに取れない。取れるわけがなかった。

もちろん、上司や先輩達も誰も取らないからだ。

 

こういった職場は多いだろうな。

まずは上司や先輩達が、自分の好きな理由で有給を取るようなことがなければ、若手や新人きなり有給を取得するのは困難だ。

 

有給休暇を取る=なんとなく悪いことをするような雰囲気。

よっぽどの理由でなければ取ってはいけない雰囲気。

 

これを許してはならない。

若手社員君
若手社員君
わかる~、わかり過ぎる~
ホワイト戦士
ホワイト戦士
こんな雰囲気はぶち壊してしまえ(笑)

理由③ 仕事量

 

2つ目は「仕事量」だ!

仕事量が多過ぎて、そもそも現実的に有給休暇が取れないということだな。

もちろん、仕事の内容によって休みを取りやすいものとそうでないものがあるだろう。

 

ただ、どちらにせよ仕事量が多過ぎれば、休んだ時点でそららの仕事が滞り、その仕事に関わる周囲の人間に迷惑をかけてしまう・・・。

 

この状況になってしまうと、取りたくても取れないよな。

有給休暇は装備できない武器となってしまう。

 

私の場合・・・

 

  • 仕事量のコントールが難しい
  • その日になってみないと分からない部分がある。
  • 担当している患者さんが常時20人以上。
  • 毎日患者さんとの予定もびっしり決まっている。。

 

そして、先ほどお伝えした通り、上司も先輩も一切有給を取らない。。

今思えば、取れなくて当たり前の状況だ(笑)。

若手社員君
若手社員君
これは無理だ・・
ホワイト戦士
ホワイト戦士
普通の新人には無理だろうな(笑)

 

だが残念なことに、有給が取れない理由はこれだけではない。

次も見てくれ。

理由④ 人間関係

 

最後の3つ目は、「人間関係」だ。

ここで言う人間関係というのは・・・

自分が有給休暇を取る場合、必ず先輩や後輩に自分の仕事を多かれ少なかれ頼まないといけないよな?

これができる関係であるか??ってことだ。

 

私の以前の職場のように、上司や先輩が全く有給休暇を取らない場合、仮に有給を申請するという勇気ある行動を取ったとしても、その後に「仕事」を頼まないといけない。

新人時代、どうしても避けれない理由で有給を取り、いくつかの仕事を先輩に頼んだ時・・・

 

私「来週の10日なんですが、どうしても休みを取らないといけなくなり、○○と○○をお願いしたいのですが・・・」

デビル先輩「・・はい」

私「○○と○○なんですが、~~の状況でして、~~になると思います。なので~~の対応願いしたいです」

デビル先輩「・・・はい」

私「・・では、○○と○○の記録を休みの前日にお渡しさせて頂いてよろしいでしょうか・・?

デビル先輩「・・・はい」

 

・・・「はい」しか言わない地獄!!!!

なんか言えよっ!!!(笑) 不機嫌さ丸出しかよっ!!!(怒)

 

新人時代の私はまだ戦士ではなかったため、太刀打ちできず。

「二度と有給なんか取らねえ・・死んでも取らねえぞ」

そう思った記憶があるな。(笑)

 

君たちもきっと似たような経験があるだろ?(笑)

若手社員君
若手社員君
あるあるある!! 僕も同じこと経験したよ~~
ホワイト戦士
ホワイト戦士
あれは辛いよな(笑)

ブラック企業でも有給休暇を取るための4ステップ

 

ただ、ここで諦めてはいけない。

このブログに来てくれているからには、必ずレベルアップして帰ってもらうぞ。

そのために今から、ブラックな職場でも有給休暇を取るための4ステップを伝えていく。

私が以前勤務していた職場で実際に取った対処法だ。良ければ参考にしてみてくれ。

ステップ① 会社の就業規則と法律を確認

 

まずは、君たちが勤める会社の「就業規則」をしっかりと確認するんだ。

必ず「有給休暇」の取得に関する部分があるはずだ。

これをしっかりと確認し、「就業規則でも取得できることが書かれている」という根拠を持っておこう。

さらに、先ほど私が伝えたように、「国の法律で定められている」ということを知識として得ていれば、申請をためらう必要がなくなる。そして、上司に拒否された場合でも根拠を持って話すことができるという心の準備ができる。

若手社員君
若手社員君
そういえば、就業規則なんて全く見てなかった
ホワイト戦士
ホワイト戦士
必ず確認だ!!

ステップ② 自分の仕事量やスケジュールを調整

 

いいか?休みの希望日が決まり次第、できる限り自分の仕事量やスケジュールを調整するんだ。

もちろん限界はあるだろう。私と同じようにかなり調整が難しい業務をしている者もいるだろ。

ただ、できる範囲で取り組むんだ。それらを最大限行って、少しでも先輩や後輩に負担がかからないようにすることで、自分にとって有給休暇を取りやすい環境を作るんだ。

先輩や後輩に大きな負担をかけずに済む方が、断然休みを取りやすいだろ??

 

ステップ③ 事前に上司に話をしておく

 

なかなか有給が取れないような雰囲気の職場で、急に申請書を上司に出すのは勇気がいるだろう。

そこで私が実際の行ったのは、「事前に上司に話をしておく」ということだ。

(例)

私「大変申し訳ないのですが、もしかしたら、○日なんですが、家庭の都合でお休みを頂くかも知れません。ちなみに、有給休暇の取得理由は特に制限はないんですよね?

こんな感じだ。

軽いジャブを打っておくこと、そして「取得理由に制限はない」ということを予め確認しておく。そして、上司の口から「制限はない」ということを話させておいたんだ。

若手社員君
若手社員君
これなら、少し気が楽になるかも!!
ホワイト戦士
ホワイト戦士
一度、上司の反応が見れるからな

ステップ④ 「当然の権利」という意識で申請を

 

事前にしっかりと知識を備え、できる限りの調整をし、さらに事前に上司に軽いジャブを打つことができれば、あとは「当然の権利」という意識で申請をすることだ。

後ろめたさなど持つ必要はない。

特別な理由などなくても良い。

心身ともに限界が近づいたら、とにかく君たちの健康を最優先に考えてくれ。

これは綺麗事ではない。

私は、職場のストレスで体調を崩した人間も何人も見てきている。

君たちの健康より大切なものはない。

 

ここまでは私の経験も元に伝えてきたが、何をどうやっても有給休暇が取れないという超絶ブラックな職場もあるかも知れないな。

そんな時は以下の順番で相談をしてくれ。

①人事部

②労働組合

③労働基準監督署

これを覚えておいてほしい。何かしら君たちの助けになってくれるはずだ。

若手社員君
若手社員君
今までと全く考え方が変わったよ!
ホワイト戦士
ホワイト戦士
顔は変わってないぞ?(笑)

最後に

 

いかがだっただろうか??

今回は、「有給休暇」について話をさせてもらった。

月に1日でも理由に関わらず有給休暇を取ることができれば、精神的にも身体的にもかなり負担が軽減され、より仕事も効率的にできる。

だからこそ、どのような職場でも、必要な時に有給休暇が取れるような環境になってほしいと願うばかりだ。

だが、世の中には有給休暇の存在するら社員に伝えないと言う企業もあるらしい。

そんな企業なら一日も早く辞めた方がいいだろうな。。

ホワイト企業に転職するって、実はそこまで難しいことではないぜ!!

あわせて読みたい
3ヵ月でホワイト企業に転職した男
たった3ヵ月でホワイト企業に転職成功した元ADさんの裏話!!待たせたな、ホワイト戦士 Yuuya だ。( Twitter ホワイト戦士 Yuuya ) 今回は、”たった3ヵ月”という短さで、...

>>>《たった3ヵ月》でホワイト企業に転職成功した元ADさんの裏話!!

 

また、もし君の職場も有給休暇の存在や日数すら教えてもらっていない!!という場合は以下の記事を読んでおいてくれ!!

あわせて読みたい
有給休暇を教えてくれない
有給休暇があることや日数を教えてくれない!? そんな企業は辞めていい!!待たせたな、ホワイト戦士 Yuuya だ。( Twitter ホワイト戦士 Yuuya ) 今回は、ホワイト戦士として謝らなければ...

>>>有給休暇があることや日数を教えてくれない!?そんな企業は辞めていい!!

 

ではまだ会おう!!

ホワイト戦士の公式LINE@

”Winning Theory”

~ブラック企業や人間関係に負けない勝利の法則~

ブラック企業での戦い方、職場の人間関係を良好にするためのノウハウ、、

さらにはブラック企業から脱出し、ホワイト企業に転職するための思考やノウハウ。

今、君のLINEで私のLINE@をお友達追加してくれたら、無料プレゼント(レポート)を送るぜ!!

友だち追加

無料レポートの内容は・・・

  • ブラック企業に潜む「敵図鑑」
  • 職場の人間関係をコントロールする力
  • 周囲から一目置かれれる仕事のパフォーマンス向上
  • ブラック企業を制し、ホワイト企業へ転職するための知識

 

以下の会社員生活を送っている人向けに内容をまとめてあるぞ!!

  • 「ブラック企業で働く毎日が辛すぎる」
  • 「職場の人間関係が劣悪過ぎて耐えられない」
  • 「転職したいけど、ホワイト企業ってどうやって探せばいいの?」
  • 「今の生活に明るい未来が全く見えない・・」

 

ブラック企業からいち早く脱出し、ホワイト企業へ転職してストレスフリーな生活を送る・・・

そのために必要な武器(思考やノウハウ)を授けていくのが、ホワイト戦士 公式LINE!!

配信を聞いて、日々実践しけば・・

今まで気づかなかったことを知り、様々なスキルを身につけ、職場での自分の視界が変わるだろう。

少しずつ「自信」が生まれていく・・・そんな体験をするはずだ。

君は1人じゃない。一緒に敵をやっつけよう!!