LINE@悩み相談

「職場のサービス残業が多過ぎて身体と心がもう限界っ!!」

待たせたな、ホワイト戦士 Yuuya だ。( Twitter ホワイト戦士 Yuuya )

今回はLINE@に届いた仲間からの「悩み相談」と私からの「アドバイス」を公開するぞ!!

※まだLINE@に登録していない!という人は、今すぐ↓のバナーをクリックして、友達追加しておいてくれ!!

友だち追加

今回の相談者さんが抱えているメインの問題は・・・

「多過ぎるサービス残業」。

まさにブラック企業の代名詞。

それなら早く転職すればいいんじゃない??

そう思う人も多いだろう。

だが、今回の相談者さんの場合は、すぐに転職に踏み切れない理由がある。

その理由とは・・・

「人間関係が良好」であり、「給与面も悪くない」

こうなると激しく「葛藤」し、悩むよな??

そしてこれは、同じ状況に悩みを抱えている人が必ずいるはずだ

そこで今回は、この問題に対する私からのアドバイスを送りたいと思う。

是非、最後までついて来てほしい。

若手社員君
若手社員君
でた!! サービス残業!!
ホワイト戦士
ホワイト戦士
身も心も疲れ切る前に対処が必要だ。

相談者 Iさんの状況

  • 相談者:Iさん
  • 年齢:30代前半
  • 職業:看護師
  • 仕事内容:病院勤務
  • 現職場の勤務年数:約1年

 

Iさんはこれまでいくつかの職業を経験されているが、現在は看護師。

現職場に就職して1年が終わろうとしているところ。

とにかくサービス残業が多過ぎて困っている。

タイムカードがなく残業申請は紙での申請。。

※医療業界では未だに紙申請の文化が残っている。

※タイムカードにしてしまうと病院側がきっちり残業代を払わなけらばならず、病院経営が破綻するからな。

 

Iさんは今、身体と心のバランスが崩れつつあり、悩んでいるという状況だ。

Iさんの病棟は、その患者さんの特性上、もの凄くハード。

 

普通なら転職に踏み切ってもおかしくない状況だが・・・

以下の点についてIさんは悩んでいる。

  • ①年齢的に転職がうまくいくか不安
  • ②まだ1年目が終わったところなので、短期間で辞めたという経歴が残ってしまう
  • ③人間関係がとても良好なこと
  • ④やりたい仕事がぼんやりしている
  • ⑤給料はそれなりによい

 

どうだい??

誰でも悩むよな。笑

特に、③と⑤。

この2つを満たしているため、そう簡単に転職に踏み切れない理由がよく分かる。

若手社員君
若手社員君
こ、これは悩む。。
ホワイト戦士
ホワイト戦士
一緒に考えてみよう!!

Iさんが優先して考えるべきこととは??

早速だが、先ほどの5つの項目について見ていこう。

 

①年齢的に転職がうまくいくか不安

 

これに関しては、採用する病院側の都合によるところが大きい。

年齢である程度区切っている病院もあれば、そうでない病院もある。(時期によって違うことも)

そのため、考えるべき優先順位としては低い。

 

②短期間で辞めたという経歴が残ってしまう

 

これに関しても、採用する側が気にするかどうかによる。

後は、Iさん自身も気にするかどうか。

ただ、医療職に関しては、スキルがあれば短い期間で退職していてもあまり影響がない業界と言える。

そのため、そこまで慎重になり過ぎる部分ではなさそうだ。

 

③人間関係がとても良好なこと

 

これは重要な要素。

看護師という業界では人間関係がとても難しいことで有名。

そんな中、相当恵まれている職場と言える(人間関係においては)。

そのため、「焦って」転職してしまうのだけは気を付けたいところ。

 

④やりたい仕事がぼんやりしている

 

これに関しては、今後、やりたい分野などが明確である方が望ましい。

だが、決まっていなければそれで構わない。

無理やり決めるものではないからだ。

看護師という仕事を続けていくうちに見つけていくはず。

 

⑤給料はそれなりによい

 

これはプラスの要素。

そのため、転職を悩ませる理由にもなっている。

だが、転職の際、給与はほぼ事前に把握することができる部分でもある。

人間関係に関しては、その職場に入ってみないと完全に把握することは困難だが、、

給与は確認ができる。

そのため、しっかりと求人を探せば、同じレベルの給与を転職先で維持することはできるので、、

これに関しては心配はいらないだろう。

 

総括すると、主として考えていくべきは・・・

 

間関係が良い VS 残業が多過ぎて身も心も限界

 

この2つを天秤にかけた時の判断だ。

このバランスによって、転職すべきかどうかの見極めが必要になってくる。

 

そして、その見極めのためには、、

「サービス残業が多過ぎる」という現状について、、

深く掘り下げる必要がある。

若手社員君
若手社員君
なるほど、焦点が絞られてきたね。
ホワイト戦士
ホワイト戦士
次に考えるべきは「残業」に対する考え方だ!

サービス残業に対する考え方

ここで、サービス残業に対する考え方を伝えておきたい。

はっきり言っておく。

サービス残業は、、

”自分の命を無償で売っているのと同じ”

「いやいや、仕事だし、、言いすぎだよ~」

と思ったかい??

 

そんなことはないぜ。

人間には寿命というものがある。

つまり、時間より大切なものはない。

その時間を容赦なく奪うのがサービス残業だ。

 

確かに仕事であれば他人の役に立っていることは間違いない。

だが、それによってあなた自身には何も報酬はない。

しっかりと仕事をしているのであれば、報酬は貰うべきだ。

あなたの貴重な「時間」を削っているのだから。

(ボランティアはまた別問題)

 

サービス残業は企業側にとっては最高に都合がいいが、、

働く側にとっては命を削っているのと一緒。

 

この事実をしっかりと理解しておいてほしい。

若手社員君
若手社員君
サービス残業は仕方ないっていう考えは危険だね。。
ホワイト戦士
ホワイト戦士
医療業界でもそれは一緒だ。

サービス残業が少ない職場は想像以上のメリットを生む

私の前職場は、月平均の残業時間は約70時間以上。

もちろん、サービズ残業。

残業については紙での申請であり、先輩達も誰も申請していないため、、

若手の自分ができるはずもなく。

そして今はホワイトな環境に移り、総合病院という忙しい現場ながら、、

月平均の残業時間は約10時間以下。

 

この違いは想像以上。

  • 家族との時間
  • 子供との時間
  • 自分自身の勉強
  • カフェでまったり
  • 体力的余裕
  • 精神的余裕

etc

得られたメリットは数多くある。

本当に別世界。笑

サービス残業がないということが、これほどまでに人生を変えるのか・・・

と驚いた。

これは紛れもない真実。

そして、何より嬉しかったのは、、

これまで以上に「仕事」を好きになれたこと。

なぜなら、余裕があるから。

つまり、、

サービス残業がないことは、想像以上のメリットを生む!!!

ということだ。

若手社員君
若手社員君
うおっ、理想の未来。。
ホワイト戦士
ホワイト戦士
君も掴みにいこう!!

最後に -Iさんへのメッセージ -

 

私とIさんは同じ業界。

今、Iさんの現場がどれほど忙しく、過酷であるかはよく分かるぜ。

そんな過酷な現場で、サービス残業にも耐えながら、、

1年間を乗り切ったことが素晴らしい。

1年前のIさんと比べて、大きく成長しているはずだ。

人間的にも看護師という専門職としても。

おそらく、今後半年間くらいが見極めの時期になるだろう。

転職すべきか否か。

ただ、基本的にサービス残業が蔓延する現場は、そう簡単に変わらない。

なぜなら悪循環に入ってしまっているから。

個人の努力では変えることは難しい。

いずれかのタイミングではおそらく転職は必要になってくるだろうな。

とにかく身体と心の健康には気を付けてくれ。

何かあればいつでも相談してほしい!

これからのIさんの健闘を祈る!!

ホワイト戦士の公式LINE@

”Winning Theory”

~ブラック企業や人間関係に負けない勝利の法則~

ブラック企業での戦い方、職場の人間関係を良好にするためのノウハウ、、

さらにはブラック企業から脱出し、ホワイト企業に転職するための思考やノウハウ。

今、君のLINEで私のLINE@をお友達追加してくれたら、無料プレゼント(レポート)を送るぜ!!

友だち追加

無料レポートの内容は・・・

  • ブラック企業に潜む「敵図鑑」
  • 職場の人間関係をコントロールする力
  • 周囲から一目置かれれる仕事のパフォーマンス向上
  • ブラック企業を制し、ホワイト企業へ転職するための知識

 

以下の会社員生活を送っている人向けに内容をまとめてあるぞ!!

  • 「ブラック企業で働く毎日が辛すぎる」
  • 「職場の人間関係が劣悪過ぎて耐えられない」
  • 「転職したいけど、ホワイト企業ってどうやって探せばいいの?」
  • 「今の生活に明るい未来が全く見えない・・」

 

ブラック企業からいち早く脱出し、ホワイト企業へ転職してストレスフリーな生活を送る・・・

そのために必要な武器(思考やノウハウ)を授けていくのが、ホワイト戦士 公式LINE!!

配信を聞いて、日々実践しけば・・

今まで気づかなかったことを知り、様々なスキルを身につけ、職場での自分の視界が変わるだろう。

少しずつ「自信」が生まれていく・・・そんな体験をするはずだ。

君は1人じゃない。一緒に敵をやっつけよう!!